肌をみずみずしい状態に保てるようにする

お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。そんな時はもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。メイクでも中々隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)なのです。生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質はいつまでも剥がれません。正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料でしっかり泡立てて洗うことです。ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れるとくすみを除去するにはとても効果があります。
リマーユプラセラ原液

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)はわかっています。日焼けによる紫外線のダメージです。幼い我が子と親子そろって毎日、近所の公園で太陽の下、思い切りあそびます。二人分の支度は意外と手間がかかるものです。よっぽどはやおきでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。時間をひねり出してでも対策すべきでした。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

実例の一つと言われているのが、近年、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが明らかになっています。ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇するといわれており、その治療は紫外線によるシミに比較して困難であるでしょう。お肌にできるシミには加齢が原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)であったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となってできたりしますけど、色々な疾患がきっかけとなる場合もあります。万が一、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、何かの病気にかかるのかも知れませんし、また、病気が進んでいる状態かも知れませんから、できればすぐに病院で相談する必要があります。

肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、時節の変わり目にはことさら注意しなければなりません。目の周りは持と持と代謝が低いので要注意です。

乾燥ジワが出やすいですし、最近では目の周囲の炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)が悪化して眼科を受診する人も増えています。

きちんと手入れしているつもりでも、まだケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイル(脂質)を使うと効果的です。肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるので自分に合ったものを使用しましょう。強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、表層がだんだん薄くなってきます。表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護するはたらきがありますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで強く影響が表れるようになります。このような状態では肌を下から支える土台が脆弱になり、たるみができてシワに発展するので、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。素顔に年齢を感じるときってありますよね。

いまがちょうどそんな感じです。持と持と皮膚が薄いほうなのですが、笑ったときのヨリ皺が老けてみえるので、すさまじく気になります。肌のケアは夜遅く帰宅しても、ちゃんとしています。それに乾燥しやすく皮膚が薄い目基については、しつこいくらいクリームを塗って、効く保湿を心がけています。でも、こうお肌の状態が良くないとスキンケアを見なおそうかなと思っています。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。

私は40歳より少し前だと思います。

色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、皆さんなぜかわかっているはずです。夜あそびしていないのに疲労を翌日に引っ張って、目の下に大クマが出立て口周りの下がりがくっきり際立って見えるからではないでしょうか。もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、大人なりの保湿優先のスキンケアを行ってバッチリ回復させてきましたが、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えています。

20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。お肌にシワができる環境要因として最も手強い敵は、乾燥だといえますね。乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、皮膚の深いところで潤いが減ってトラブルを起こすからです。気づかないうちに乾燥する事もあるので、なんにしてもマメに保湿することが大切だと思います。軽いところではミストタイプの化粧水で手軽に肌に潤いを与えたり、夏場は汗や度重なる洗浄で脂質が失われるため、日に一度はホホバオイルなどを使って保湿中心のスキンケアを行ってください。梅雨ってカビが増えやすい時節ですよね。気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌も増殖する傾向にあります。真菌の一種である、マラセチア菌が原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)とされる一般的に「でん風」と言われている症状は、体の色々なところに発症します。

でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。

なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、まず皮膚科に行き、相談をしてみてください。